姓名判断

あなたは転職するタイプ?姓名判断でみる転職の可能性を解説

あなたは転職するタイプ?姓名判断でみる転職の可能性を解説

こんにちは、開運鑑定占い師かなです。

 

世の中にはたくさんの数のお仕事が存在します。

人はそれぞれその中から仕事を選び、定職に就く。

一つの職場で定年を迎える人もいれば、転職して別の職場で働く人もいます。

 

かな
かな

どちらがいいというわけではありません。

転職をすることで「天職」を見つける人もいれば、キャリアを積み「起業」し成功する人もいますから。

きんと~ん
きんと~ん
最近は転職や副業って珍しくないもんね。

 

 

私のところにも「転職」「天職」「適職」のご相談に来られる方が非常に多く、色々な占術を用いて総合的に鑑定、アドバイスをさせていただきます。

中でも、姓名判断では「総画」および「人格」の画数から転職をするタイプの人かどうか鑑定することが出来ます。

 

かな
かな

今回は姓名判断の観点から「転職をする可能性のある画数」について解説します。

もし、あなたが今転職に迷われているならご参考にしてみて下さい。

今回の姓名判断は「人格」あるいは「総画」を想定し解説しています。

人格:名字の一番下と名前の一番上の画数を足した画数。「社会運」とも言われ、三十代から五十代くらいまでの運勢に影響します。

総格:名字と名前のすべての画数を足した画数。姓名判断の中で最も人生に大きな影響を与える重要な画数です。

 

姓名判断でみる「転職」の可能性:1、2回程度

転職をしたとしても、まあ1回か2回程度である画数は…

かな
かな
13画です。

 

13画は頭脳明晰。

学歴社会においては上位をキープする画数。

きんと~ん
きんと~ん
勝ち組やな。

 

 

また、話し上手で愛想が良い人間関係に恵まれるタイプ。

かな
かな
ただし、たくさんの人と縁がある反面、人にはわからない苦労もあるかもしれません。

 

 

仕事面では計画性があり、それを実行する実行力も優れています。

多くの場合、中心的存在となって活躍することが出来ます。

 

職場環境に恵まれることが多いので、将来的には評価され高い地位を得ることも可能。

かな
かな
この画数の方にとって転職はキャリアアップにつながるものでしょう!
きんと~ん
きんと~ん
ステップアップのための手段って感じなんや!

 

 

姓名判断でみる「転職」の可能性:3回程度

転職は3回くらいになると、一般的には「やや多め」かなって感じですかね。

しかし、キャリアアップを重ねて将来は起業を目指している人であれば、このくらいの転職の回数は決して多くはないと思います。

 

17画

人当たりが良く、自分の考えを貫き通すタイプ。

経営の能力があり、努力もできるのでチャンスをものにすることができるでしょう。

かな
かな
頑張ってきた苦労が報われる運の持ち主です。
びとん
びとん
いいね!

 

 

その反面、なかなか妥協ができません。

かな
かな
根回しが上手いタイプではないので、自分の考えばかり貫き通そうとしないことに注意しましょう。

 

 

そうすれば年齢を重ねるにつれ足元がしっかりしてきて、いずれ独立する運をもっています。

 

26画

博学多才。

かな
かな
素晴らしいアイデアで事業を成功させていきます。
きんと~ん
きんと~ん
ええ感じやん!

 

 

しかし、何事も自分の考えばかりを通してしまいがちになることも。

かな
かな
そのため、人望を集めることに苦労する可能性があるので注意です。

 

 

周りに互いを高められる仲間を得られれば、新しいことにチャレンジする精神には優れており将来的には会社を起こす運もあります。

かな
かな
転職はキャリアアップ、新しいことへのチャレンジを優先して決断すると良いでしょう。

 

 

姓名判断でみる「転職」の可能性:4~6回まで

転職回数が4回から6回となると…

さすがにかなり多い印象。

 

かな
かな
回数が増えている原因はキャリアアップだけでなく、その方の仕事に対する姿勢の問題も考えられます。

 

18画

メンタルが強く不屈の精神力で何度も立ち上がることができるタイプ。

 

かな
かな

常に自分に目標を掲げて生きていくので、ステップアップする毎に新しい職場へ移っていくでしょう。

そのため、転職する回数が増えがちに。

 

 

もともと大企業に就職したり公務員などになって終身雇用で働くというよりも、自分の価値を認めてもらえる職場で働きたいという考えが強いタイプ。

かな
かな
自分を求めてくれる職場があれば、すぐに行動に移します。

 

36画

波乱に富んだ人生をおくる画数。

かな
かな
平穏な人生を送りたいと考えても、なかなかうまくいかない運勢の持ち主です。

 

 

義理人情に厚く、人の世話をよく焼き、頭の良い人も多い画数です。

しかし、神経質な一面もあり、上手くいかなくなるとイライラしてヒステリックになることも。

かな
かな
周りの人と協調できずにいると、転職を繰り返してしまいます。
きんと~ん
きんと~ん
イライラせんことやな

 

姓名判断でみる「転職」の可能性:7回以上

その方の持っている性質が仕事運の安定を邪魔していることが多いです。

もっと自分自身の性質を知ったうえで、職選びをする必要があります。

 

9画

感情の起伏が激しい画数。

かな
かな
失敗や挫折が多い凶数でもあります。

 

 

職場内での人間関係で悩んで転職が多くなるでしょう。

仕事内容に対しても熱しやすく冷めやすいタイプ。

飽きてしまうと続けることへの意味が見いだせずに違う職場に転職してしまうでしょう。

 

かな
かな
そもそも同じ職場で同じ仕事を続けることに苦痛を感じてしまうので、定職に就くことはかなり難しいと言えます。
びとん
びとん
う~ん

 

19画

もともと才能があり、社交性もあります。

かな
かな
しかし、肝心の才能を発揮する場所に恵まれないことが多いです。

 

 

うまく才能を発揮できる場所に居場所を見つけることが出来れば良い運気になりますが、その場所を見つけるまで職場を転々としてしまいがち。

かな
かな
災難やトラブルも多いので、十分に注意すべき画数です。

 

22画

常に辛いことを避けて、楽をすることを考えるタイプ。

真面目に仕事をしてコツコツお金を貯めることはできず、

かな
かな
一発当ててお金持ちになりたいと賭け事にハマってしまう事も少なくありません。
びとん
びとん
それはアカン

 

 

楽しい事を追求することが好きなので趣味と仕事が一致するようなことであれば、長続きすることもあるかも。

かな
かな
事務系の仕事よりは、クリエイティブな仕事を探すことで転職回数を少しでも減らすことができるでしょう。
びとん
びとん
転職は分野をしぼって考えよう

 

まとめ

転職は決して悪いことではありません。

今の時代、キャリアアップのため転職を繰り返し起業する人も少なくない世の中です。

 

かな
かな

まずは自分が自分らしくいれる場所、才能を活かせる場所を探すことが重要。

目的や将来のビジョンがしっかりとしていれば、転職はそのための一つの選択肢です。

 

今回は姓名判断の人格あるいは総画の画数を中心にお話ししましたが、毎回お話しするように総合的な運気のバランスが重要です。

また、四柱推命や九星気学など他の占術を使い、違った角度から鑑定していくことも。

 

今回はあくまで姓名判断の鑑定の一部分と理解して参考にしていただければと思います。

 

かな
かな
姓名判断や九星気学、四柱推命、風水などを駆使してあらゆる角度からあなたの「これから」がより良くなるアドバイスをさせていただきます。
開運鑑定占い師かなの鑑定メニュー 運気の流れを知れば 今よりずっと人生が豊かになります 人には誰にでも運気の流れがあり、そして浮き沈みがあります。 ...

開運鑑定占い師かなでした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたの人生をとんとん拍子に!

占いは、あなたが「これから」をどう過ごすと明るいものとなるのかを予習できるもの。

わたくし、開運鑑定占い師かながお届けする「開運鑑定」はオリジナルの鑑定方法。

より的確にあなたの「これから」を開運に導くアドバイスを行っています。

人生をとんとん拍子に!するためのきっかけになることでしょう。

 

こんな記事もおすすめ