姓名判断

姓名判断だけじゃない!?子供の人生をより良くする「良い名前」をつける4つの方法

姓名判断だけじゃない!?子供の人生をより良くする「良い名前」をつける4つの方法

こんにちは、開運鑑定占い師かなです。

 

姓名判断などで相談者のお名前を鑑定し、分かりやすくお伝えできるように格付けをします。

そうやって「良いお名前」かどうか判断していただくわけですが…

 

かな
かな
「良い名前」とはいったいどんな名前のこと言うのか?
びとん
びとん
知りたい!

 

 

例えば、これから生まれてくる我が子に「良い名前を!」と思うのが親心。

それから、「結婚して苗字が変わるとどんな運勢に変わるのだろうか?」なんて思ったりもしますよね。

 

そこで今回は「良いお名前」のポイントを解説したいと思います。

かな
かな

子供の名付けに今悩んでいる方は特におすすめ。

是非ご参考に!

 

その名前はストレスなく呼んでもらえる?

名前を付ける際に大切なことの一つが「読みやすさ」。

当然、誰でも間違いなく読め、そして呼んでもらえる名前が良いはず。

 

かな
かな

一回一回読み方を説明するのも、どう読むのか聞くのも双方ストレスがかかります。

初対面でこれはキツイ。

きんと~ん
きんと~ん
確かに…

 

 

漢字の読みには、音読みと訓読みの他にも名前として使われる時に限る読み方もあります。

特に子供の名付けの場合、親がどうしても使いたい漢字を優先するあまり難読な名前になってしまうことも。

 

かな
かな

親がせっかく子供のためを思ってつけた名前が子供にストレスをかける結果になるなんて避けたいですよね?

でも、実際に長年ストレスを感じ、悩んだ末に改名を考えて相談にいらっしゃる人もいます。

びとん
びとん
結構、深刻なんや

 

 

そうならないように、せめて初対面の方が名前を目にしてすぐに読めないような読み方は避けるようにしましょう。

 

名前は「響き」も重要!

名前は画数だけでなく、「響き」も重要です。

かな
かな
姓名判断があるように名前に関して音で占う占術があったり、名前の音をもとに対象者の性格を分類した研究もあります。
きんと~ん
きんと~ん
へぇ~

 

 

実際にあなたが考えている名前を声に出してみて下さい。

どうですか?違和感ありません?

 

名前の響きを考える時、ア・カ・サ・タ・ナ・ハ・マ・ヤ・ラ・ワといった母音がアの音が先頭に来る場合、明るく積極性のある性格の人が多い傾向があります。

また、母音がイの場合だと知的で頭が切れる人が多かったり。

 

この他にも苗字、名前の先頭の音が同じ場合や濁点が入っている場合などは音や響きからみる性格の特徴が強調される傾向があります。

かな
かな

この場合良い時は良いんですが、悪い時はより性格が強調されてしまうので要注意。

出来れば避けるべきでしょう。

きんと~ん
きんと~ん
びとんって濁点が!

だから性格キツイんや

びとん
びとん
はぁ~!

 

 

画数だけでなく、名前の響きは重要。

苗字に合う名前の響きは考えるべき名付けポイントの一つです。

 

その名前、苗字とのバランスとれていますか?

次に苗字と名前のバランスについて。

 

日本人の多くが苗字2文字、名前2文字である「2字姓2字名」ですが、名前が1文字の人も多いですよね。

かな
かな
「瞬」「玲」のようになんかカッコよく感じたりして。
びとん
びとん
確かにカッコいい!

 

 

ただし、苗字が2字姓の場合、名前が1字名だと必ずしもバランスが良いとは言えない場合があります。

というのも、姓名判断において画数を計算する場合、名前が1文字だと画数に1を足す場面があります。

これはその占い師の流派によって違います。

とすると当然、流派の違いで画数の違いが出て鑑定結果にも違いが!?

 

かな
かな

最終的には占い師を信頼するかどうかになりますが、名づけの場合は出来れば1字名は避けたほうが良いかなっていうのが私の意見。

2字名もしくは3字名の方がおすすめです。

びとん
びとん
へぇ~結構ややこしいんやね

 

もっと良い名前に!姓名判断にプラスすること

姓名判断ではその名の通り名前で運勢を占うわけですが、名づけの場合は「これからこう育ってほしい」と願いを込めた名前を鑑定していきます。

具体的には苗字とのバランスを考えて希望に沿った画数を導き出し、それに合わせて名前を考えます。

 

かな
かな

しかし、よりいい運勢の名前を考え決めるにはここにプラスアルファが必要。

そのもう一つ考えるべき要素が「生年月日」です。

 

 

生年月日、生まれた時間を使い占う四柱推命でもその人の適性や運勢がわかります。

より良い名前をつけたいなら生年月日から占い、鑑定を行ったうえで、その運勢を活かせる名前を姓名判断で鑑定してバランスをとっていくのがおすすめの方法。

 

かな
かな

例えば、このバランスを間違えるとどう見ても文系タイプの子供に「明日から野球チームでピッチャーで4番だ!」って言っているようなもの。

きんと~ん
きんと~ん
それはアカン
かな
かな
出来ないだけならまだしも、その子の適性や心にも悪影響を及ぼしかねません。
きんと~ん
きんと~ん
ほんまにアカン

 

 

名づけは姓名判断、良い画数だけを優先するのは危険な場合があります。

かな
かな
生年月日で占う四柱推命など、違った占術も併せてバランスをとりながら決めるのが「良い名前」をつける最も重要なポイントです。

 

まとめ

いかがでしたか?

良い名前を付けるポイント理解していただけましたか?

 

多くの人は名づけのために占いを参考にしようとすると姓名判断を参考にして画数を優先して決めることが多いと思います。

しかし、考えるべきことは他にもあって「読みやすさ」「響き」「苗字とのバランス」

かな
かな
そして、「生年月日」をもとに占う四柱推命などの他の占術を使って鑑定をしたうえで「総合的なバランスをとる」ことが重要。

 

 

子供の適性や運気をより活かす名前をつけるために是非に参考にしてみて下さい。

もし、一人でなかなか判断できない時はご相談ください。

あなたのご相談、心よりお待ちしております。

 

かな
かな
姓名判断や九星気学、四柱推命、風水などを駆使してあらゆる角度からあなたの「これから」がより良くなるアドバイスをさせていただきます。
開運鑑定占い師かなの鑑定メニュー 運気の流れを知れば 今よりずっと人生が豊かになります 人には誰にでも運気の流れがあり、そして浮き沈みがあります。 ...

開運鑑定占い師かなでした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたの人生をとんとん拍子に!

占いは、あなたが「これから」をどう過ごすと明るいものとなるのかを予習できるもの。

わたくし、開運鑑定占い師かながお届けする「開運鑑定」はオリジナルの鑑定方法。

より的確にあなたの「これから」を開運に導くアドバイスを行っています。

人生をとんとん拍子に!するためのきっかけになることでしょう。

 

こんな記事もおすすめ